ディフェンスにおける体の向き

 

 

ディフェンスをするときに

体の向きが大切なのは知っていますか?

 

体の向きが間違っていると

あっという間に攻撃プレーヤーに切り返されて

抜かれてしまいます。

 

具体的には

体の向きを走る方向に向けて走ってしまうと

切り返されたときに体をターンしなければついていけませんから

簡単に抜かれてしまいます。

 

 

抜かれないコツは、

体の向き(特に上半身)を相手プレーヤーに

向けたままでいること。

 

サイドステップの練習が効果的です。

簡単に抜かれない粘り強いディフェンスは

体の向きとサイドステップがキモです。

 

サイドステップを使って

相手を抜かせないようにしながら、

少しずつ間合いを詰めてボールを奪えるようになります。

 

場合によってはわざと又抜きをさせておいて

すばやくターンしてボールを奪うというテクニックもありますから

試してみてください。

 

 

おまけとして

セルヒオ・ラモスの鉄壁のディフェンスを見て

イメージトレーニングしてみましょう。

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿
キッズ応援グッズ
メタ情報

ページの先頭へ