ディフェンスの基礎

 

サッカーキッズ・少年たちはシュートやパスが好きです。

つまり攻撃ですね。

 

サッカーの花形はやっぱりフォワードの点取り屋だったり

ドリブル突破やスルーパスなどでゲームを組み立てる

ミッドフィルダーなどです。

 

だからみんな、ドリブルやフェイント、フリーキックやミドルシュートは

一生懸命練習します。

 

で、意外と地味なのがディフェンス。

 

確かにディフェンスは相手の攻撃からゴールを守る側で、

得点などの派手なパフォーマンスがあるわけじゃありません。

むしろ相手に抜かれたり、点を取られたりしたら

いろいろと言われる割の合わないポジションのイメージがあります。

 

ですが、サッカーは点の取り合いである以上

どのプレーヤーもディフェンスに参加しないという事はありません。

現代サッカーではFWでさえそうです。

 

キッズ・少年年代の8人制サッカーなどはまさに

全員攻撃・全員守備が求められます。

 

その意味では攻撃の前にまず守備ありき。

相手ボールを奪う作業こそが攻撃の起点になるわでですから

守備をしっかりと練習することは大切ですね。

 

そして、相手の動きに合わせて行動しなければならない守備は

とっても難しいプレーになります。

 

 

相手ドリブラーが右に来るのか、左に来るのか

相手のパスが誰に出るのか。

これらの先を読み、瞬時に対応することが求められます。

 

まずは1対1の守備から勉強して行きましょう。

 

自分のマークする選手にパスが出る瞬間を狙う事,

つまりインターセプトを狙うのが最初の守備です。

→ インターセプト:守備の基本1

ディフェンス:相手を追い込む

 

ディフェンスをするときに一番難しいシーンは

相手が左右のどちらに抜けていこうとしているのかが

わからない時です。

 

左右どちらもケアしようとして、相手にまっすぐ向いてしまっては

結局どちらも抜きやすい状態になってしまいます。

 

逆に一番守りやすいのは、

相手がどちらに抜けていこうとしているのかがわかっている時。

 

じゃあ自分が守りやすい状況をつくっていきましょう。

 

そうです、相手を一方向に誘う訳です。

相手の真正面に立たずに、

相手の進行方向のどちらかにわざと寄る。

そうすれば相手は空いている方に走りたくなります。

そこを狙いましょう。

 

 

また、相手が2人に対し自分1人で守らなければならない時。

 

そういう時にうかつにボールを取りに行けば

パスをされてしまい、あっという間にシュートまで持って行かれます。

 

ここはグッとガマンして、ドリブラーに距離を取りながら

完全に抜かれてしまわないようにしておいて、

パスにも注意を払いながら味方が戻ってくるまで時間稼ぎをしましょう。

 

このようなディフェンスの基礎を

バルサの名ディフェンダープジョルが

キッズ・少年たちに教えている動画を見つけました。

勉強になりますよ。

→ プジョルが教えるFCバルセロナ式トレーニング

ページの先頭へ