フェイントの練習法

 

サッカーのドリブルに付き物なのが「フェイント」。

相手を抜こうと思えば正確なボールコントロール以外にもフェイントで相手をだます必要があります。

 

 

 

1.ダブルタッチフェイント

 

ワンタッチ目の右足(左足)でインサイドにコントロールしたボールを

反対側の左足(右足)コントロールしてそのまま抜けていくドリブルフェイント。

単純で比較的簡単だけどものすごく効果のあるフェイント

 

2.上体フェイント

 

フェイントというとこれを思い浮かべる人は結構多い。左右に揺らした状態の動きだけで相手を誘って

相手がつられた瞬間、反対側に抜けていくフェイント

最初に大げさに上体を突っこむのがコツだけど、これが案外難しい。

 

3.シザースフェイント

 

アウトサイドで外に抜けていくふりで相手を誘い、反対側の足のアウトサイドに抜けていくフェイント

意外とステップが難しいので、慣れが必要。

 

 

ここからだんだん難しくなります。

 

4.またぎフェイント

 

相手を顔の向きや視線で誘っておいて、ボールを足裏で反対側に転がす。

で、転がした方の足でボールをまたいで相手を幻惑しながら反対の足で抜け出すフェイント

ちょっと頭がこんがらがりそうです。(汗)

 

5.エラシコ

 

ブラジルのロナウジーニョが得意としていたフェイント

インサイドで内側にボールをコントロールし、次の瞬間同じ足のアウトサイドで外側に抜けるという技。

足首を柔らかく使わないといけない。

 

6.ダブルタッチフェイント(応用)

 

ボールをチョンチョンとコントロールしながら相手を誘い、

誘いに乗って足を出してきた瞬間にダブルタッチで抜ける。

 

7.キックフェイント

 

これはゴール前でよく見るフェイント

シュートするふりをして、相手がコースを切ってこようと重心を動かした瞬間、反対方向に抜けていくプレー。

キーパーと1対1のときはもちろん、パスやセンタリングのときにも使えます。

 

 

 

 

 



comment closed

カテゴリー
タグ
最近の投稿
リンク集
メタ情報

ページの先頭へ