24年ぶり!静岡学園が青森山田を破って優勝<第98回全国高校サッカー選手権決勝>

静岡学園優勝ゴールシーン

 

 

まさに激闘でしたね!

 

2020年1月13日、埼玉スタジアムで行われた第98回全国高校サッカー選手権決勝は、5年ぶり12回目出場の静岡学園が大会2連覇をねらう青森山田に3-2で勝利。

1995年度74大会以来24年ぶり2回目の優勝です。

前回は天候の関係もあり2校同時優勝でしたから、今回は完全優勝となり、喜びもひとしおでしょう。

 

 

静岡学園優勝ゴールシーン

 

前半に青森山田が2点をリード時はゲームが決まったかもと思いましたが、前半45分のDF中谷颯辰(3年)のゴールで後半に。

後半16分には、FW加納大(3年)が同点弾。そして、同40分にFKから中谷がヘッドで逆転弾を決めて、激戦を制しました。

 

 

静岡県勢として実に24年ぶりの優勝。

 

12日には同じく静岡県の藤枝順心が全日本高校女子サッカー選手権を制し、静岡のアベック優勝となりました。

 

 

埼玉スタジアム2002の入場者は5万人超え。

多くのファンの中には、いずれは自分たちもあのピッチに立ちたいと願う中学生や小学生が多く観戦に訪れていました。

 

どんどん新しいスターが生まれてくるといいですね♪

 

 

【準決勝】

【準々決勝】

 

【3回戦】

【2回戦】

【1回戦】

 

 

勝利至上主義ではキッズは育たない

 

イタリアで、試合に「27-0」というスコアで勝利を収めた監督が「相手への敬意を欠いた」として解任される結果となりました。

伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが報じています。

 

 


サッカーを愛するすべての子供たちは、自分がボールをコントロールし、パスし、ドリブルし、ゴールすることを求めています。

あるいは相手のボールを奪い、セーブし、ゴールを守ることを求めています。

 

ボールを扱うすべての行動を楽しんでいます。

 

 

勝てばうれしいし、負ければ悔しい。

なかには負けてもくやしくないキッズもいますが(笑)

 

とにかくプレーすることが楽しいと思えることが、キッズ年齢では非常に大切なことだと思います。

 

 

この事件はユース世代(U-18)で起こったことではあります。

もう、楽しいだけでサッカーをやる世代ではありません。

 

だけれども、育成年代ですから、

勝負うんぬんよりも相手へのリスペクトを欠くような振る舞いを教えないほうがいいんじゃないかと思います。

 

選手が自分たちのことだけを優先し、相手にリスペクトを欠いたプレーをすれば止める。

相手がいるからこそ自分たちのサッカーができる、ゲームが終われば相手に感謝する、そういったスポーツマンシップを教育するのが指導者であってほしい。

 

この事件はそういった意味での解任劇であったのでしょう。

 

 

 

カテゴリー
タグ
最近の投稿
リンク集
メタ情報

ページの先頭へ