ディフェンスの基礎:1対1の対応

 

サッカーは相手ゴールにいかに多くのボールを

入れるかという点取りゲームが基本です。

 

だから攻撃にはみんなが魅力を感じて

シュート練習やドリブル練習には一生懸命になります。

 

そういったスキルアップにも人気がありますね。

 

 

だけど、得点を取ろうとするための

相手に得点させない堅い守りの必要性に気付かない人は

多いのです。

 

 

得点力はもちろん必要だけれども

まずはしっかりとした守備固めから入らないと

攻撃に弱いディフェンスでは

後ろが気になったままではおちおち攻撃もしていられません。

 

勝つチームを作るためには

安定した守備は大切なことです。

守備の基本は、まず1対1で負けないこと。

スキがあればボールを奪うこと。

 

 

常に攻撃プレーヤーとゴールとの間に位置して

シュートチャンスをつぶすのが最優先。

なによりも抜かれないことが大切です。

 

相手の利き足を理解しておくのも必要なこと。

 

その次に出来るだけ相手ボールを奪うことですが、

ボールを奪う一番簡単な方法は

相手プレーヤーとボールの間に自分が割り込むことです。

 

ディフェンスの基礎を学ぶことで

2歳年上の兄から弟がボールを奪えるようになった

動画をチェックしてみてください。

割り込み方にもコツがありますので

しっかり理解してうまく体を入れていきましょう。

 

相手に抜かれないための体の向きもあります。

 

右にも左にも抜けるという余裕を持たせていては

十分なディフェンスはできません。

 

ポジション取りと体の向きを工夫して

半身になって相手を右か左に追い込みましょう。

 

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿
キッズ応援グッズ
メタ情報

ページの先頭へ