コントロールオリエンタード トラップは止めない

私たちが小さい頃はサッカーでトラップというと

「しっかり足元に止めろ」 なんて教えられました。

 

パスされたボール、飛んできたボールを

一生懸命足元に静止させるようにトラップの練習をしたものです。

 

 

 

 

 

ですが、最近わかったことは

「トラップは足元には止めない」 ということです。

 

私が教えられたこととは全く逆の事ですね?

 

 

もちろん必要があれば足元にピッタリ止める技術は必要です。

ですが、サッカーの試合は常に動いています。

 

飛んできたパスを足元に止めたりすれば

相手ディフェンダーがすぐに寄ってきて

ボールを取ろうと足を出してきます。

 

 

そうなればせっかく自分のところに来たボールを

奪われてしまう危険性が増えてしまいます。

 

じゃあどうすればいいのか。

 

 

飛んできたボールを足元に止めるのではなく、

ボールを奪いに来た相手に取られないように スペース(広い所)にコントロールします。

 

 

 

 

自分がすすみたい方向、

あるいは 味方にパスをしやすい方向に

50cmから1mぐらいの小さなダイレクトパスを出すようなイメージです。

 

このことを「コントロールオリエンタード」といいます。

 

バルサの下部組織に9歳で入団を果たした久保建英くんの

お父さんが出した本「おれ、バルサに入る!」に載っていました。

 

 

1度足元に止めてから進みたい方向にスタートするよりも

トラップそのものでボールを進みたい方向にコントロールする方が

一歩早くなります。

 

 

小さな子供でも、いつも心がけていれば

それほど難しい技術ではありませんので

ぜひチャレンジしてみることをおススメします。

 

→ パスが上手くなるためのトラップの基礎編その1

 

ボールの位置によってコントロールのしやすさが違う

 

味方からのパスなどで、ボールを受ける位置によって

コントロールのしやすさが違います。

 

単純にはボールをコントロールする位置には

おおむね以下のような位置があります。

  1. 足元(両足の間)
  2. オープンな位置

1.の足元はわかりますね?

トラップを覚えたてのころはまずは足元で受けて

しっかりボールを止めることができるようになりたいものです。

 

 

では2.のオープンの位置とはどこでしょうか?

具体的には両足の間(身体の幅)よりも

外側にあたる位置の事を言います。

 

 

このオープンな位置は、

身体の向きを変えながら受けることによって

実は一番ボールを扱いやすい位置だと言えます。

 

たとえば足元でボールを受けてしまった場合、

正面以外の味方にパスをしようと思えば

足元のボールを右か左にコントロールしなおすか

自分が少し位置をかえないとパスができません。

 

その点、オープンな位置でボールを受けようとすれば

自然に外側に身体を開くことが可能です。

少し開きながらボールを受ける。

 

これだけのことですが、

次のパスのためにボールをコントロールしなおしたり、

自分の位置をかえることなしに味方へのパスが可能になります。

劇的にプレースピードが速くなりますね。

ページの先頭へ