インターセプトを狙おう

 

 

自分がマークしている選手に対してパスが出て、

ボールを受け取ろうとする瞬間に前に入ってカットするのがインターセプト

 

ディフェンダーとしては

インターセプトは積極的に狙っていきたいプレーです。

 

ですが、いつもいつもインターセプトを狙えばいいというわけじゃありません。

 

 

仮にパスを出そうとボールを持っている選手がフリーで、

顔を上げている場合、こちらの動きも見やすいでしょうから

マークしている選手(パスの受け手)の前に入ろうとした瞬間に

パスをやめてしまうかもしれません。

 

 

インターセプトの狙い目は、

ボールを持った選手に対してプレッシャーがかかっていて、

パスのタイミングやコースが限定できている時がベストです。

 

 

インターセプトの手順はざっとこんな感じです。

 

 

 

 

 

1 前に入れるポジションを取る

 

ボールが出た瞬間に相手の前に素早く入れる距離を保って、

マークする選手の斜め後ろにポジションを取りましょう。

 

相手のま後ろに立っていると、パサーの状態が見えづらくなってしまうので、

ボールに近い側の斜め後ろがよいポジションです。

 

 

 

 

2 相手がボールを見た瞬間に前に出る

 

パサーが蹴り足を上げて、ボールを見るために目線を下げた瞬間

前に出るチャンスです。

 

体の向きや軸足の方向からパスコースとタイミングを予測、

素早く相手の前に割り込みましょう。

 

 

 

 

3 マイボールにして攻撃につなげる

 

パスをカットしただけで満足してはいけません。

カットしたら、しっかりとマイボールにして自分たちの攻撃につなげましょう。

利き足でボールを奪いに行った方がコントロールしやすくなります。

 

インターセプトは相手にもつねに警戒されていますから、

狙っていることを相手に悟られないようにしましょう。

 

 

 



comment closed

カテゴリー
タグ
最近の投稿
リンク集
メタ情報

ページの先頭へ