足が速くなってキックの精度が上がるトレーニング

 

サッカーをやるからには

足が速くなりたい。

 

正確にボールが蹴れるキック力をつけたい。

 

 

どのキッズも願う事ですし、

お父さんお母さんも自分の子が足が速くて

正確なキックができた方が嬉しいですよね。

 

 

そういった身体を作るトレーニングがあったら

ぜひやってみたいですよね。

 

 

 

長友選手からブームが始まった体幹トレーニング

 

 

 

今やサッカー日本代表選手の何人もが

長友選手といっしょに体幹トレーニングやヨガを

取り入れたトレーニングをしているそうです。

 

 

ですが、体感というのは

ただ鍛えれば良いというものではない

ということがわかってきました。

 

 

身体というのは鍛えるばかりだと

全体が硬くなってかえって動きが悪くなる

ケースもあるんです。

 

 

サッカー日本代表本田圭佑選手は

身体を鍛えすぎて動きが硬くなっているのが、

最近のパフォーマンスの低下につながっている

という人もいます。

 

 

まだ身体ができあがっていないキッズだからこそ

柔らかくしなやかで、それでいて強い身体を目指して

トレーニングすべきでしょう。

 

ということで

昨年、9月10日にFOOT×BRAINで放送された

体感トレーニングを試してみませんか。

 

このトレーニングを取り入れることで

当たりに強く、柔軟な体作りをすることができます。

 

また、身体を柔らかく使う事で

早く走ることができるだけでなく、

キックの精度アップにつながります。

 

 

メッシのように

しなやかで華麗なプレーを目指して

チャレンジしてみましょう。

 

 

 

 

サッカーのコーディネーション能力を鍛えるクーバーコーチング

 

 

ボールはともだち」。

 

サッカーマンガの名作「キャプテン翼」に出てくる 名言です。

 

 

サッカーを始めたら

ボールを自由自在に扱えるようになると サッカーが楽しくなります。

 

 

ではボールを自由自在に扱えるようになるためには

どうすればいいでしょう?

 

ここにサッカーのボール タッチ練習に役立つ本があります。

 

 

 

オランダで発祥したクーバーコーチング

 

クーバーさんが提唱して発達した、

コーディネーション能力を向上させて

ボールタッチが上手くなるのための34のトレーニングです。

 

 

 

DVDも付いて書店で販売しています。

 

 

U-6 U-8 U-10 など、年代に合わせて

本当に簡単なボールタッチの基礎の基礎から だんだん高度な技術まで、

自分の実力に合ったボールタッチトレーニングが 出来ます。

 

 

思った通りにボールタッチするには

足首・ひざ・またの関節を柔軟に使いこなすことが必要です。

 

 

これらを連動してバランスよく使えるようになることで

身体のコーディネーション能力が高まります。

 

 

クーバーコーチングのトレーニングを

なれるに従って少しずつスピードアップしていくことで

ボールタッチがうまくなり、

キックやファーストタッチ、ドリブルの技術が確実にアップします。

 

毎日少しずつでもやることが サッカーにおける

ボールタッチ上達の近道になります。

 

 

→ クーバー・コーチング キッズのトレーニングメニュー集 ボールマスタリー34

 

→ クーバー・コーチング キッズの一人でできる練習メニュー集ボールマスタリー45【DVD付】

 

 

→ クーバーコーチングの実際

 

 

ページの先頭へ