こどもがサッカーを好きになる10の心得

子どもたちはあなたのモノではないーー。

 

デンマークサッカー協会がまとめた
子どものサッカー指導者向けの「10カ条」
というものがあります。

 

私が見たのは

ジェフユナイテッド市原・千葉の育成普及部コーチなどを歴任した、

NPO法人I.K.O市原アカデミーの池上正理事長の著書

「サッカーで子どもがみるみる変わる7つの目標」

 

の中です。

 

 

 

息子がサッカーをやっていましたから
やさしいコーチも見ましたし、
いつも怒鳴っているような鬼コーチも
見てきました。

 

近年なにかと話題になった
日大アメリカンフットボール部の危険タックル事件や
オリンピック代表のパワハラ事件などから、
指導者のあり方が問題になる中、

子どもを尊重した指導の考え方として
議論を呼んでいるようです。

 

 

10カ条とは。

①子どもたちはあなたのモノではない。

 

②子どもたちはサッカーに夢中だ。

 

③子どもたちはあなたとともにサッカー人生を歩んでいる。

 

④子どもたちから求められることはあっても
 あなたから求めてはいけない。

 

⑤あなたの欲望を子どもたちを介して満たしてはならない。

 

⑥アドバイスはしてもあなたの考えを押し付けてはいけない。

 

⑦子どもの体を守ること。
 しかし子どもたちの魂まで踏み込んではいけない。

 

⑧コーチは子どもの心になること。
 しかし子どもたちに大人のサッカーをさせてはいけない。

 

⑨コーチが子どもたちのサッカー人生をサポートすることは大切だ。 

 しかし、自分で考えさせることが必要だ。

 

⑩コーチは子どもを教え導くことはできる。
 しかし、勝つことが大切か否かを決めるのは子どもたち自身だ。

 

このように、

子供たちの意思や主体性、考える力を尊重する内容です。

 

息子が所属していたのは
まさにこのようなチームでした。

 

もちろん、これは
キッズたちが楽しくサッカーをするための指針で、
ジュニア、ユースとカテゴリが上がっていくにつれて
これだけでやっていけるほど甘くなはいと思います。

 

子供たち自身が心から高いレベルを望んで、
負荷の高いトレーニングや
高度なサッカースキルの習得に対して
コミットした場合は別です。

 

実はここが大変に難しい。

 

⑤あなたの欲望を子どもたちを介して満たしてはならない。

⑥アドバイスはしてもあなたの考えを押し付けてはいけない。

 

まずは自分で考えさせること。

 

わからなければ選択肢(ヒント)をいくつか与えて
その中から自分で判断させること。

 

ここが特に大事だと思います。

 

サッカーを自分の意志決定でやっている
ということが大事。

 

他人である親が勝った負けたで大騒ぎしすぎたり、

コーチが高度なプレーを期待したり
無理矢理フォーメーションに押し込める
いわゆる「型にはめる」というのはどうなのかと。

 

誤解を恐れずにはっきり言わせてもらうと、
自分の子供は一生サッカーをやり続けるわけじゃない。

 

ジュニア?
ユース?

 

どこかでサッカーをやめる時がやってきます。
プロだっていつかはサッカーを辞める。

 

サッカーは子どもたちが成長するための
1つのツール。

 

自分で考え、自分で判断し、自分で行動する。
その結果を自分で受け止める。

 

こうして子供たちは少しずつ成長します。

親やコーチの決めた通りにしか
動けない人間に育ってほしくない。

 

大人の大きな力で押さえつけてしまっては
命令通りにしか動かない、いや
命令通りにしか動けない人間になってしまう気がします。

 

小さいうち、少なくとも小学校高学年ぐらいまでは
まずは楽しくサッカーをする。

 

勝ちたくなったら勝手にトレーニングします。

その時に効果的なトレーニングをアドバイスしてあげればいい。

 

サッカー愛や向上心などは
自分の中から湧いてくるものです。

 

みんなけっこう上手いのに
ゲーム中のコーチの怒鳴り声に委縮して
自分たちのプレーができず負けてしまったチームを
いくつも見ました。

 

負けたら負けたで罰走を科されて
うつむいては知っていた子供たちを見て
かわいそうになったこともあります。

 

いずれはやめてしまうかもしれないけど
サッカーをずっと好きなままでいて欲しいと思います。

 

以下は

「サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法」

の著者、池上正さんのことばです。

 

大会にも行きますが、
そこで見かけるコーチの姿は明らかに
スペインで見たものとは違います。

 

常に選手を煽り「シュート!」「寄せろ!」と
指示命令が飛び交います。

 

自分で考える時間も、機会も、与えません。

なので、ピンチになると子どもは全員ベンチを見るのです。

親たちも、わが子に期待するあまり顔をゆがませて怒っています。

 

30年近い指導経験の中で、
このような大人につぶされていく選手、
才能を伸ばしてもらえない子どもたちをたくさん見てきました。

 

日本の少年サッカーを変えていくには、
まず大人が変わらなければならないと痛切に感じています。

 

育て方さえ間違わなければ、
日本の子どもたちはもっと伸びます。

 

今、子どもたちに足らないもの、
大人たちが改めるべきものは何でしょうか。

comment closed

カテゴリー
タグ
最近の投稿
キッズ応援グッズ
メタ情報

ページの先頭へ