ドリブルはフェイントだけじゃない

 

ドリブルで抜くというと、

みんな相手DFに正対してから

「さてどう抜いていこうか?」 と考えて、

 

身体を左右に揺らしてフェイントしてみたり、

またぎフェイントなど足で相手を幻惑したりして

相手を抜こうとし始めます。

 

 

相手DFも、そういったフェイントに騙されないよう

FWの足元をしっかり見て

ボールをどちらにコントロールしようとするのかに

注目します。

 

 

実は

この状態で抜くのはなかなか難しい。

 

 

ここで、ボールを先に動かすのではなくて

まず体を相手DFとボールの間に入れると

案外簡単にドリブルで抜いていくことができます。

この動画を見てください。

 

右利きのFWは右足でボールをコントロールするために

相手DFを自分の左側に置いて、

DFとボールの距離を最大限遠くすることと、

自分の体を使って空いてDFがボールに近づけないように

ブロックしながらドリブルしています。

 

俗に「クスドリ」とも言います。

 

 

実践してみるとわかりますが、

たったこれだけで相手DFを簡単に抜けます。

 

 

またぎフェイントとかは派手なので

好む人が多いのですが、

そんな難しいことをする必要はありません。

 

 

クスドリにチャレンジしてみてください。

 

 

ドリブルの基礎

 

サッカーの醍醐味はドリブルです。

 

ゲームを観戦していてもドリブルで相手陣内に切れこんだり

相手ディフェンスを翻弄して突破するシーンはワクワクします。

 

 

実はドリブルには大きく分けて2種類あります。

 

1つは運ぶドリブル

もう1つは突破するドリブルです。

 

突破するドリブルは相手とのかけひきであったり、

フェイントやスピードの緩急が必要になりますから

まずは運ぶドリブルから覚えるのがいいようです。

 

つまり、自分のペースでいいので

ボールを自分の行きたい方向にコントロールする。

 

決して蹴るというイメージではありません。

転がしながら運ぶ」というイメージでやってみましょう。

 

ドリブルは足のアウトサイドを利用することが多いですが、

インサイドやインステップなど、色々な部分を使えると

方向転換も楽にできます。

 

最初はインステップ(足の甲)を使いながら

まっすぐにドリブルする練習から始めるといいでしょう。

 

これも最初は難しいんですが、

やっているうちにだんだん上手になります。

→ ドリブルの基礎

ページの先頭へ