少年サッカーでキックが上手くなる練習

少年サッカーを始めたばかりの時は とにかくボールを蹴ります。

 

ですが、やみくもに蹴ってもボールは遠くに飛びませんし 余計な力を使うばかりです。

 

キックというのはボールの反発力を上手に使えば

小さな振り、小さな力で効率のよいキックが出来ます。

 

そのためには リズミカルにボールの中心を蹴ることが大切です。

ではリズミカルにボールの中心を蹴るためには どうすればいいでしょうか?

 

こういうことにチャレンジしてみましょう。

  1. 両手にボールを持って立ちます。
  2. ボールを手から離し、
  3. 落下するボールを利き足で上に蹴ります。
  4. 上にあがってきたボールを両手でキャッチします。

 

 

これを繰り返します。 これが出来るようになったら、次は歩きながらチャレンジしてみましょう。

  1. 両手にボールを持って立ちます。
  2. そのまま歩きます。
  3. 歩くリズムに合わせてボールを手から離し、
  4. 落下するボールを利き足で上に蹴ります。
  5. 上にあがってきたボールを両手でキャッチします。
  6. これを歩きながら繰り返します。

 

最初はリズムを合わせるのに苦労するかもしれませんが、

慣れてくればリズミカルに歩きながら ボールを蹴ることが出来るようになります。

 

この練習のポイントは ボールを真上に上げてキャッチすること。

 

ボールを真上に上げるコントロールが身につかないと

いつまでたっても回数を増やしていくことができません。

 

また、両手でキャッチすることも必要ですから

いつも同じ高さに蹴るということが自然と身につきます。

 

つまり同じ強さで同じ場所を蹴る技術が身につくわけですね。

 

利き足1回キックでキャッチ。

 

これが出来るようになったら利き足2回キックでキャッチに チャレンジしてみましょう。

それも出来るようになったら3回、4回と回数を増やしていきます。

 

いつのまにかリフティングが上手になっているはずです。

 

少年サッカー必勝バイブル:柏レイソルアカデミーが教える世界に通用するサッカー

基礎からのリフティング

 

サッカーが上手くなりたいならば まずはリフティングを練習しましょう。

ボールを落とさずにたくさん蹴るリフティング

繊細なボールタッチを身につけるのには最適な練習です。

 

サッカーっていうのは結局、

手や腕以外の部分でどれだけ自由にボールを扱う事ができるか

っていうのが大事ですからね。

 

 

 

パスにせよ、シュートやフリーキックにせよ、

思ったコースに思った強さで蹴るということができる

ことが大切です。

 

私たちがお箸を自由に使ってご飯を食べることができるのは

最初からではありません。

 

最初は誰だってお箸の持ち方さえあぶなっかしかったはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

s-009

 

それが、毎日お箸を使ってご飯を食べているうちに

いつの間にやら無意識のうちに

上手にお箸を使って食べられるようになった。

 

同様に、毎日ボールを触ってリフティングを練習することで

自由自在にボールを扱う事ができるようになります。

 

 

毎回同じ場所に同じ高さのボールを蹴る。

 

足のいろんな部分でボールを蹴る。

 

最終的には腕以外(腕に当たるとハンドの反則です:笑)

の あらゆる部分を使ってリフティングをする。

 

リフティングにはサッカーのエッセンスがたくさん詰まっています。

だからしっかりリフティングを練習しましょう。

 

とはいえ、最初から何回もリフティングなんてできませんよね?

まずは1回からです。

 

 

最初から何回も蹴ろうとしてアタフタする人が多いんですが、

本当にリフティングが上手くなろうと思ったら、まずは1回。

そして2回。 少しずつ増やしていくのがコツです。

 

 

回りくどいと思うかもしれませんが、急がば回れです。

結局これの方が早く上手になります。

 

あまり硬いボールだと足との接触面積が狭いので難しいです。

 

これからリフティングを始めようという人は

最初は少し空気を抜いた柔らかめのボールを使ってみましょう。

 

 

その方が蹴りやすいので回数が稼げます。

そういった基礎からのリフティングがよくわかる動画がこちら。

 

→ リフティングを基礎から練習したい人へ

 

 

ページの先頭へ