ドリブルはボールをコントロールするだけではない

 

 

ドリブルが得意な選手の代表格といえばスペインバルセロナのメッシ。

 

彼の細かなドリブルは世界屈指のディフェンダーでさえ

1人では止められないといいます。

 

 

→ メッシのドリブル突破

 

メッシのドリブルというと

細かなタッチで左右にボールをコントロールする部分に

注目が集まりますが、

 

サッカーでこどもを上達させたいなら

少し違うところを見て下さい。

 

 この記事の続きを読む   

コントロールオリエンタード トラップは止めない

私たちが小さい頃はサッカーでトラップというと

「しっかり足元に止めろ」 なんて教えられました。

 

パスされたボール、飛んできたボールを

一生懸命足元に静止させるようにトラップの練習をしたものです。

 

 

 

 

 

ですが、最近わかったことは

「トラップは足元には止めない」 ということです。

 

 この記事の続きを読む   

ボールの位置によってコントロールのしやすさが違う

 

味方からのパスなどで、ボールを受ける位置によって

コントロールのしやすさが違います。

 

単純にはボールをコントロールする位置には

おおむね以下のような位置があります。

  1. 足元(両足の間)
  2. オープンな位置

1.の足元はわかりますね?

トラップを覚えたてのころはまずは足元で受けて

しっかりボールを止めることができるようになりたいものです。

 

 

 この記事の続きを読む   

トラップの基本

 

 

サッカーでトラップというといくつかの方法があります。

 

  1. インサイドトラップ
  2. アウトサイドトラップ
  3. 足裏でのトラップ
  4. ももを使ったトラップ
  5. 胸を使ったトラップ
  6. 頭を使ったトラップ

 

要は腕さえ使わなければどこでトラップしたっていい訳ですが(笑)

一番最初に取り組みやすい方法がインサイドトラップでしょう。

 

 この記事の続きを読む   

久保建英くん・キッズサッカーのお手本

 

 

 

サッカーキッズの代表格と言えば久保建英くん。

たしかわずか9歳でバルサに入団し、

エースとして活躍を続けてきたという逸材です。

 

 

久保君のお父さんが書いた本はもう読みましたか?

幼少のころからどうやって育ててきたのか、

バルサに入るためにどのようなルートをたどってきたのか

よくわかる内容です。

 

 この記事の続きを読む   

ページの先頭へ