基礎からのリフティング

 

サッカーが上手くなりたいならば まずはリフティングを練習しましょう。

ボールを落とさずにたくさん蹴るリフティング

繊細なボールタッチを身につけるのには最適な練習です。

 

サッカーっていうのは結局、

手や腕以外の部分でどれだけ自由にボールを扱う事ができるか

っていうのが大事ですからね。

 

 

 

パスにせよ、シュートやフリーキックにせよ、

思ったコースに思った強さで蹴るということができる

ことが大切です。

 

 この記事の続きを読む   

ドリブル上達は一日にしてならず

わが子にはどんどん上達してもらって

たくさん点が取れるFWになってほしい。

 

そう願うお父さん、お母さんはたくさんいます。

 

というか、サッカーキッズ・少年のご両親は 全員そうだといって過言ではない。(笑)

点が取れるFWの条件の1つに 突破のドリブルが得意というのが含まれます。

 

 

もちろん、裏に抜け出すスピードが速いとか

ヘディングが強いとかいうのも点が取れるFWですが、

キッズ・少年の頃はタイミングのいいスルーパスが出ることは なかなかありません。

 

 この記事の続きを読む   

ドリブルはボールをコントロールするだけではない

 

 

ドリブルが得意な選手の代表格といえばスペインバルセロナのメッシ。

 

彼の細かなドリブルは世界屈指のディフェンダーでさえ

1人では止められないといいます。

 

 

→ メッシのドリブル突破

 

メッシのドリブルというと

細かなタッチで左右にボールをコントロールする部分に

注目が集まりますが、

 

サッカーでこどもを上達させたいなら

少し違うところを見て下さい。

 

 この記事の続きを読む   

コントロールオリエンタード トラップは止めない

私たちが小さい頃はサッカーでトラップというと

「しっかり足元に止めろ」 なんて教えられました。

 

パスされたボール、飛んできたボールを

一生懸命足元に静止させるようにトラップの練習をしたものです。

 

 

 

 

 

ですが、最近わかったことは

「トラップは足元には止めない」 ということです。

 

 この記事の続きを読む   

ボールの位置によってコントロールのしやすさが違う

 

味方からのパスなどで、ボールを受ける位置によって

コントロールのしやすさが違います。

 

単純にはボールをコントロールする位置には

おおむね以下のような位置があります。

  1. 足元(両足の間)
  2. オープンな位置

1.の足元はわかりますね?

トラップを覚えたてのころはまずは足元で受けて

しっかりボールを止めることができるようになりたいものです。

 

 

 この記事の続きを読む   

ページの先頭へ