ボールの位置によってコントロールのしやすさが違う

 

味方からのパスなどで、ボールを受ける位置によって

コントロールのしやすさが違います。

 

単純にはボールをコントロールする位置には

おおむね以下のような位置があります。

  1. 足元(両足の間)
  2. オープンな位置

1.の足元はわかりますね?

トラップを覚えたてのころはまずは足元で受けて

しっかりボールを止めることができるようになりたいものです。

 

 

では2.のオープンの位置とはどこでしょうか?

具体的には両足の間(身体の幅)よりも

外側にあたる位置の事を言います。

 

 

このオープンな位置は、

身体の向きを変えながら受けることによって

実は一番ボールを扱いやすい位置だと言えます。

 

たとえば足元でボールを受けてしまった場合、

正面以外の味方にパスをしようと思えば

足元のボールを右か左にコントロールしなおすか

自分が少し位置をかえないとパスができません。

 

その点、オープンな位置でボールを受けようとすれば

自然に外側に身体を開くことが可能です。

少し開きながらボールを受ける。

 

これだけのことですが、

次のパスのためにボールをコントロールしなおしたり、

自分の位置をかえることなしに味方へのパスが可能になります。

劇的にプレースピードが速くなりますね。

トラップの基本

サッカーでトラップというといくつかの方法があります。

  1. インサイドトラップ
  2. アウトサイドトラップ
  3. 足裏でのトラップ
  4. ももを使ったトラップ
  5. 胸を使ったトラップ
  6. 頭を使ったトラップ

要は腕さえ使わなければどこでトラップしたっていい訳ですが(笑)

一番最初に取り組みやすい方法がインサイドトラップでしょう。

 

インサイドトラップは足の内側の広い部分を使いますから、

ボールを後ろに逃してしまう危険が少なく安全です。

インサイドトラップ

また、アウトサイドでタッチするのとは違い、

インサイドでボールをタッチすることで、少々失敗しても

自分の体の前にコントロールしやすくなります。

 

なんといってもトラップの基本のキ

となりますので、楽しみながらチャレンジしてみましょう。

 

→ インサイドトラップの基礎

 

足裏でのトラップはフットサルでもよく使われるようです。

ボールのやってくる方向に正対している場合、

足裏でトラップをすることは有効です。

ピタッと止まりますからね。

 

敵が近くにいない場合などに、

ピタッと足元に納めてボールを確保しておけば

周りを見る余裕も出てきます。

 

そこから相手が近づいてくる動きに合わせて

ボールを押したり引いたりして自分の支配下にキープしやすくなります。

ura

 

ですがこのトラップ、

時々後ろにそらしちゃうミスが出やすいのでご注意。(笑)

→ 足裏トラップの基礎

 

次は胸トラップ頭トラップです。

 

空中を飛んでくるボール、バウンドして跳ねたボールなどは

足元に落下してくるまで待っていては敵がどんどん詰めてきます。

 

そういう時は空中にある間に胸でボールをコントロールして

自分のものにしてしまいましょう。

 

これが出来るようになるだけでプレースピードが速くなりますし、

ボールをキープできる確率が上がります。

 

そもそもサッカーは

腕から先以外はどこを使ってもいいスポーツですから、

自分がボールに一番近いと思う身体の部分で

ボールをコントロールした方が効率的です。

→ 胸トラップの基礎

→ 頭でトラップ

 

後ろからパスされたボールなどをコントロールするのに

チャレンジしてみて欲しいのがアウトサイドトラップです。

 

FWの選手が攻撃しようとするときに

後ろの味方からパスをもらってターンしてゴールに向かう

というのもありなのですが、

 

パスが出てくるのを信じてあらかじめゴールに向かって走る方が

攻撃スピードが上がります。

走っていなくてもゴールに身体を向けて

いつでも走れる体勢を作っておくほうが

やっぱり攻撃スピードは速くなります。

 

 

セレッソ大阪時代の柿谷選手が得意にしていたトラップですね。

ご覧ください。

→ アウトサイドトラップ基礎

 

 

久保建英くん・キッズサッカーのお手本

サッカーキッズの代表格と言えば久保建英くん。

たしかわずか9歳でバルサに入団し、

エースとして活躍を続けてきたという逸材です。

 

 

久保君のお父さんが書いた本はもう読みましたか?

幼少のころからどうやって育ててきたのか、

バルサに入るためにどのようなルートをたどってきたのか

よくわかる内容です。

 

 

ところがFIFAの裁定で

先日バルサ退団が決定的となった久保建英くん。

 

早くも国内のJチームによる争奪戦が始まっているようですが、

まだ13歳だというのにU−15日本代表に

飛び級で招集されちゃいました。

 

こどもなのに大人みたいなプレーをします。

 

ここまで凄くなれとは言いませんが、

子供達には動画を何度も見てもらって、ぜひ真似して欲しいですね。

 

→ 久保建英くんのスーパープレイ集

 

サッカーのコーディネーション能力を鍛えるクーバーコーチング

 

 

ボールはともだち」。

 

サッカーマンガの名作「キャプテン翼」に出てくる 名言です。

 

 

サッカーを始めたら

ボールを自由自在に扱えるようになると サッカーが楽しくなります。

 

 

ではボールを自由自在に扱えるようになるためには

どうすればいいでしょう?

 

ここにサッカーのボール タッチ練習に役立つ本があります。

 

 

 

オランダで発祥したクーバーコーチング

 

クーバーさんが提唱して発達した、

コーディネーション能力を向上させて

ボールタッチが上手くなるのための34のトレーニングです。

 

 

 

DVDも付いて書店で販売しています。

 

 

U-6 U-8 U-10 など、年代に合わせて

本当に簡単なボールタッチの基礎の基礎から だんだん高度な技術まで、

自分の実力に合ったボールタッチトレーニングが 出来ます。

 

 

思った通りにボールタッチするには

足首・ひざ・またの関節を柔軟に使いこなすことが必要です。

 

 

これらを連動してバランスよく使えるようになることで

身体のコーディネーション能力が高まります。

 

 

クーバーコーチングのトレーニングを

なれるに従って少しずつスピードアップしていくことで

ボールタッチがうまくなり、

キックやファーストタッチ、ドリブルの技術が確実にアップします。

 

毎日少しずつでもやることが サッカーにおける

ボールタッチ上達の近道になります。

 

 

→ クーバー・コーチング キッズのトレーニングメニュー集 ボールマスタリー34

 

→ クーバー・コーチング キッズの一人でできる練習メニュー集ボールマスタリー45【DVD付】

 

 

→ クーバーコーチングの実際

 

 

基礎からのリフティング

 

サッカーが上手くなりたいならば まずはリフティングを練習しましょう。

ボールを落とさずにたくさん蹴るリフティング

繊細なボールタッチを身につけるのには最適な練習です。

 

サッカーっていうのは結局、

手や腕以外の部分でどれだけ自由にボールを扱う事ができるか

っていうのが大事ですからね。

 

 

 

パスにせよ、シュートやフリーキックにせよ、

思ったコースに思った強さで蹴るということができる

ことが大切です。

 

私たちがお箸を自由に使ってご飯を食べることができるのは

最初からではありません。

 

最初は誰だってお箸の持ち方さえあぶなっかしかったはず。

 

 

 

 

それが、毎日お箸を使ってご飯を食べているうちに

いつの間にやら無意識のうちに

上手にお箸を使って食べられるようになった。

 

同様に、毎日ボールを触ってリフティングを練習することで

自由自在にボールを扱う事ができるようになります。

 

 

毎回同じ場所に同じ高さのボールを蹴る。

 

足のいろんな部分でボールを蹴る。

 

最終的には腕以外(腕に当たるとハンドの反則です:笑)

の あらゆる部分を使ってリフティングをする。

 

リフティングにはサッカーのエッセンスがたくさん詰まっています。

だからしっかりリフティングを練習しましょう。

 

とはいえ、最初から何回もリフティングなんてできませんよね?

まずは1回からです。

 

 

最初から何回も蹴ろうとしてアタフタする人が多いんですが、

本当にリフティングが上手くなろうと思ったら、まずは1回。

そして2回。 少しずつ増やしていくのがコツです。

 

 

回りくどいと思うかもしれませんが、急がば回れです。

結局これの方が早く上手になります。

 

あまり硬いボールだと足との接触面積が狭いので難しいです。

 

これからリフティングを始めようという人は

最初は少し空気を抜いた柔らかめのボールを使ってみましょう。

 

 

その方が蹴りやすいので回数が稼げます。

そういった基礎からのリフティングがよくわかる動画がこちら。

 

→ リフティングを基礎から練習したい人へ

 

ページの先頭へ