少年サッカーでキックが上手くなる練習

少年サッカーを始めたばかりの時は とにかくボールを蹴ります。

 

ですが、やみくもに蹴ってもボールは遠くに飛びませんし 余計な力を使うばかりです。

 

キックというのはボールの反発力を上手に使えば

小さな振り、小さな力で効率のよいキックが出来ます。

 

そのためには リズミカルにボールの中心を蹴ることが大切です。

ではリズミカルにボールの中心を蹴るためには どうすればいいでしょうか?

 

 この記事の続きを読む   

日本はシリアと同組:18年ロシアW杯アジア2次予選

目安時間:約 2分

2018年に開催が予定されている

ワールドカップロシア大会アジア2次予選の抽選会が

4月14日、マレーシアのクアラルンプールで行われました。

 

日本はグル―プEに入り、同じ組には

シリア、アフガニスタン、シンガポール、カンボジアが入りました。

 

 

 この記事の続きを読む   

ディフェンスの基礎

 

サッカーキッズ・少年たちはシュートやパスが好きです。

つまり攻撃ですね。

 

サッカーの花形はやっぱりフォワードの点取り屋だったり

ドリブル突破やスルーパスなどでゲームを組み立てる

ミッドフィルダーなどです。

 

だからみんな、ドリブルやフェイント、フリーキックやミドルシュートは

一生懸命練習します。

 

で、意外と地味なのがディフェンス。

 

 この記事の続きを読む   

基礎からのリフティング

 

サッカーが上手くなりたいならば まずはリフティングを練習しましょう。

ボールを落とさずにたくさん蹴るリフティング

繊細なボールタッチを身につけるのには最適な練習です。

 

サッカーっていうのは結局、

手や腕以外の部分でどれだけ自由にボールを扱う事ができるか

っていうのが大事ですからね。

 

 

 

パスにせよ、シュートやフリーキックにせよ、

思ったコースに思った強さで蹴るということができる

ことが大切です。

 

 この記事の続きを読む   

ドリブル上達は一日にしてならず

わが子にはどんどん上達してもらって

たくさん点が取れるFWになってほしい。

 

そう願うお父さん、お母さんはたくさんいます。

 

というか、サッカーキッズ・少年のご両親は 全員そうだといって過言ではない。(笑)

点が取れるFWの条件の1つに 突破のドリブルが得意というのが含まれます。

 

 

もちろん、裏に抜け出すスピードが速いとか

ヘディングが強いとかいうのも点が取れるFWですが、

キッズ・少年の頃はタイミングのいいスルーパスが出ることは なかなかありません。

 

 この記事の続きを読む   

ページの先頭へ