リフティングでボールタッチの感覚をつかもう

 

足のいろんな部分や物、頭など、体全体でボールを扱うリフティングは、ボールタッチの感覚を身に付けるために最適な練習です。

 

ここで大切にしたいのは、いつもボールの中心を正確に蹴ること。

 

軸足を柔らかく使って、リズムよくリフティング。

ボールタッチの強さや足の角度の感覚を身に付けよう。

 

 

リフティングでは、ボールの重さとか大きさ、硬さなどを感じることができます。

 

ですが、何度も言いますが1番意識して欲しいのはボールの中心を蹴ること。

 

これは自然とで意識できるようになるとキックでもトラップでもすごく上達するはず。

 

 

リフティングで大切な事はまだあります。

 

 

 この記事の続きを読む   

ディフェンスの原則

 

ひとくちに「ディフェンス」といいますが、ただ相手選手やボールの行き先を追っているだけではゴールを守ることはできません。

ディフェンスにも基本と言えるもの、手順と言えるものがあります。

 

 

ディフェンスの原則

 

1シュートを出させない

 

ディフェンスで最も大切なこと、それは得点を奪われないようにゴールを守ることです。

 

 

それにはシュートを打たせないようにプレイすることが必要。

相手がボールを持ったときにシュートコースが空いてしまうような位置取りにならないよう充分注意しながら守りましょう。

 

 

2アプローチをかける

 

シュートを出せないポジションを取ったら、

ボールを持っている相手が自由にプレイできないようプレッシャーをかける必要があります。

 

相手にチェックに行くことを「アプローチをかける」といいます。

 

 

サッカーはゴールの近くを守ってさえいればそれで良いわけではありません。

積極的に相手に仕掛けるディフェンスが重要です。

 

 

3ボールを奪う

 

相手選手にアプローチをかけてプレッシャーを与えることができました。この時、ボロボロになったらぜひチャレンジしてください。

 

 

ただ、周りの状況をしっかり見てゴールに向かっても大丈夫だと判断をした場合だけです。

距離を詰めすぎたために流れてしまったり、シュートを打たれてしまうと元も子もありません。

必ず状況判断をしてディフェンスをしましょう。

 

 

マークの仕方

 

相手選手をマークするにも、いくつかの方法があります。

 

 

1インターセプト(ボールを奪う)

 

相手チームがボールを持っている時、自分がマークしている相手へのパスを奪うプレー、「インターセプト」を狙いにいきましょう。

 

 

 

2ファーストタッチアタッキング(すきを狙う)

 

インターセプトが無理だった場合、パスの受け手がボールをコントロールする瞬間、この瞬間が無防備になります。

その無防備になったときを狙ってボールを奪いにいきましょう。

 

 

 

3振り向かせない(自由にさせない)

 

インターセプトもファーストタッチアタッキングもできず、パスの受け手にコントロールされてしまった。

次に考えるべきディフェンスは、相手をゴール方向に振り向かせないようについていく、そういったプレイです。

 

 

 

4ディレイ(遅らせる)

 

相手選手との距離が開きすぎていて振り向かれてしまって、その相手と1対1の相対した状況になってしまった。

こういう場合は、戦況にもよりますが、相手のプレイを遅らせる、つまりディレイすることを心がけましょう。

 

 

いずれにしても、相手に簡単に守備ラインを割らせない、決定的パスやシュートを打たせないために、どんなことができるかをいつも考えるようにしましょう。

 

 

 

 

 

【動画あり】メッシのドリブルはどこがすごい?

リオネル・メッシ

 

 

誰もが憧れるスペイン・バルセロナのスーパープレイヤー、

リオネル・メッシ。

 

 

そのドリブルの凄さは誰もが認めるところです。

どうしてメッシはあのような素早いドリブルができるのでしょうか?

 

 

どうみても他のプレイヤーと比べても

ずいぶんと違うところがあるようです。

 

メッシのドリブルについて解説した動画を見つけました。

 

 この記事の続きを読む   

ディフェンスで大切なこと3つ

 

 

ディフェンスをするときには3つの大切な要素があります。

 

 

1.プレイを予測する

 

守っている時「どこが危ないのか」をいつも考えて、どんなことが起こるかプレイを予測しましょう。

 

相手がどんなプレイをしてくるのか?

 

すばやく察知してどういう風に対応するか、いつでもできる状態にしておきましょう。

 

 

 

2.相手の動きに対応する

 

相手がどんなプレイをするのか?

 

その特徴をできるだけ早くつかみましょう。

そして、その選手たちの動きにしっかり対応しましょう。

 

相手がスピードがあるのか、

ドリブルがうまいのか、

サイドからカットインが得意なのか、

などなど。

 

相手のプレースタイルをできるだけ早くすることで、試合の主導権を握ることもできます。

 

 

3.絶対にあきらめない

 

これが一番大切。

絶対にあきらめないことです。

 

例えば1対1で相手を完璧に止めるという事はなかなかできることじゃありません。残念ながら突破されるということもあるでしょう。

 

そこであきらめてしまってはディフェンスはできません。

一度抜かれてたとしても、諦めずに追うことで相手にプレッシャーは与え続けることができます。

もしかしたら相手のミスを誘うことができるかもしれません。

 

 

 

1.プレイを予測する

2.相手の動きに対応する

3.絶対にあきらめない

 

 

これらの3つを意識しながらプレイすることで、ディフェンスは必ず上手くなります。守ることの楽しみも味わえるはずです。

 

ディフェンスが上手くなると、ポジショニングの巧みさで相手にパスを出させないということもできるようになります。

受け身になるばかりじゃなくて積極的にディフェンスし、相手に勝ち、相手からボールを奪うという喜びを知ればもっとサッカーが楽しくなる上手くなること間違いなしです。

 

 

 

シュートを打つコツ

 

 

シュートと言うと、

みんなは強い豪快なシュートシーンを想像すると思います。

 

だけれどもシュートっていうのは

ゴールに入れてこそシュートです。

 

極端な話、コロコロと地面を転がって行っても

ゴールに入りさえすれば1点です。

 

 この記事の続きを読む   

1 2 3 10
カテゴリー
タグ
最近の投稿
リンク集
メタ情報

ページの先頭へ