ディフェンスで大切なこと3つ

 

 

ディフェンスをするときには3つの大切な要素があります。

 

 

1.プレイを予測する

 

守っている時「どこが危ないのか」をいつも考えて、どんなことが起こるかプレイを予測しましょう。

 

相手がどんなプレイをしてくるのか?

 

すばやく察知してどういう風に対応するか、いつでもできる状態にしておきましょう。

 

 

 

2.相手の動きに対応する

 

相手がどんなプレイをするのか?

 

その特徴をできるだけ早くつかみましょう。

そして、その選手たちの動きにしっかり対応しましょう。

 

相手がスピードがあるのか、

ドリブルがうまいのか、

サイドからカットインが得意なのか、

などなど。

 

相手のプレースタイルをできるだけ早くすることで、試合の主導権を握ることもできます。

 

 

3.絶対にあきらめない

 

これが一番大切。

絶対にあきらめないことです。

 

例えば1対1で相手を完璧に止めるという事はなかなかできることじゃありません。残念ながら突破されるということもあるでしょう。

 

そこであきらめてしまってはディフェンスはできません。

一度抜かれてたとしても、諦めずに追うことで相手にプレッシャーは与え続けることができます。

もしかしたら相手のミスを誘うことができるかもしれません。

 

 

 

1.プレイを予測する

2.相手の動きに対応する

3.絶対にあきらめない

 

 

これらの3つを意識しながらプレイすることで、ディフェンスは必ず上手くなります。守ることの楽しみも味わえるはずです。

 

ディフェンスが上手くなると、ポジショニングの巧みさで相手にパスを出させないということもできるようになります。

受け身になるばかりじゃなくて積極的にディフェンスし、相手に勝ち、相手からボールを奪うという喜びを知ればもっとサッカーが楽しくなる上手くなること間違いなしです。

 

 

 

シュートを打つコツ

 

 

シュートと言うと、

みんなは強い豪快なシュートシーンを想像すると思います。

 

だけれどもシュートっていうのは

ゴールに入れてこそシュートです。

 

極端な話、コロコロと地面を転がって行っても

ゴールに入りさえすれば1点です。

 

 この記事の続きを読む   

フェイントの練習法

 

サッカーのドリブルに付き物なのが「フェイント」。

相手を抜こうと思えば正確なボールコントロール以外にもフェイントで相手をだます必要があります。

 

 

 

1.ダブルタッチフェイント

 

ワンタッチ目の右足(左足)でインサイドにコントロールしたボールを

反対側の左足(右足)コントロールしてそのまま抜けていくドリブルフェイント。

単純で比較的簡単だけどものすごく効果のあるフェイント

 

2.上体フェイント

 

フェイントというとこれを思い浮かべる人は結構多い。左右に揺らした状態の動きだけで相手を誘って

相手がつられた瞬間、反対側に抜けていくフェイント

最初に大げさに上体を突っこむのがコツだけど、これが案外難しい。

 

3.シザースフェイント

 

アウトサイドで外に抜けていくふりで相手を誘い、反対側の足のアウトサイドに抜けていくフェイント

意外とステップが難しいので、慣れが必要。

 

 

ここからだんだん難しくなります。

 

4.またぎフェイント

 

相手を顔の向きや視線で誘っておいて、ボールを足裏で反対側に転がす。

で、転がした方の足でボールをまたいで相手を幻惑しながら反対の足で抜け出すフェイント

ちょっと頭がこんがらがりそうです。(汗)

 

5.エラシコ

 

ブラジルのロナウジーニョが得意としていたフェイント

インサイドで内側にボールをコントロールし、次の瞬間同じ足のアウトサイドで外側に抜けるという技。

足首を柔らかく使わないといけない。

 

6.ダブルタッチフェイント(応用)

 

ボールをチョンチョンとコントロールしながら相手を誘い、

誘いに乗って足を出してきた瞬間にダブルタッチで抜ける。

 

7.キックフェイント

 

これはゴール前でよく見るフェイント

シュートするふりをして、相手がコースを切ってこようと重心を動かした瞬間、反対方向に抜けていくプレー。

キーパーと1対1のときはもちろん、パスやセンタリングのときにも使えます。

 

 

 

 

 

久保建英のスペイン語の実力は?

久保建英が手洗いレクチャー

 

 

スペインバルセロナからレアルマドリードに移籍し同じくスペインマジョルカにレンタル移籍している久保建英

 

久保建英が手洗いレクチャー

 

小学生の頃からスペイン生活が長いと言うことからスペイン語が堪能だと言われているが本当だろうか。

 

 

確かにインタビューシーンを見ると流暢なスペイン語に聞こえるけれども日本人の我々にはよくわからないというのが本音だ。

 

そこでこの動画。

 

ネイティブのスペイン人に久保建英のスペイン語力を聞いてもらった。

 

 

なるほど生粋のスペイン人からしてみても

久保建英のスペイン語力はネイティブと変わらないくらい堪能なようだ。

さすが。

 

やっぱり海外で活躍しようと思ったら外国語を勉強すると言う事は大事だね。

 

久保建英が手洗いをレクチャー

久保建英が手洗いレクチャー

 

コロナウイルスが世界中で拡大して、サッカーの本場であるスペインやイタリア、イングランドなどヨーロッパの主要リーグを始め、Jリーグも続々中断を決めてます。

 

サッカーの観戦は多くの人が集まるのでそういった処置は仕方がない。

 

 

ヨーロッパでは外出さえ禁止されている所もあるぐらい、感染の拡大は深刻なようです。

 

 

日本国内でも感染者の広がりを抑えるべく、不要不急の外出をしないとか、学校を休校するとか要請されています。

でも、サッカーキッズたちが空気のいい外でサッカーをプレーすること自体はそこまで制限する必要はあるのかなと思います。

 

もちろん、サッカーキッズやその保護者の皆さまはコロナウイルスが拡大しないよう、マスクの着用や手洗いの徹底をして、十分な感染対策をすることが前提ですがね。

 

 

そんなサッカーキッズに学んでほしいしっかりとした手洗い。

これをサッカーキッズ憧れの久保建英選手が動画でアップしてくれました。

 

 

 

リーガ(スペインリーグ)が中断し、外出も制限されてしまっていることもあるでしょうが、久保建英選手はその中でも「自分のできる事」としてアクションを起こしてくれたわけです。

 

ちょっとNHK風なハキハキした語り口。

いかにもスポーツマン的な元気な感じが、サッカーキッズたちへの思いを感じます。

 

みんな、久保建英選手のマネをして、しっかり衛生への知識を身に着けて、実践してほしいですね♪

 

 

1 2 3 9
カテゴリー
タグ
最近の投稿
リンク集
メタ情報

ページの先頭へ