ディフェンスの基礎

 

サッカーキッズ・少年たちはシュートやパスが好きです。

つまり攻撃ですね。

 

サッカーの花形はやっぱりフォワードの点取り屋だったり

ドリブル突破やスルーパスなどでゲームを組み立てる

ミッドフィルダーなどです。

 

だからみんな、ドリブルやフェイント、フリーキックやミドルシュートは

一生懸命練習します。

 

で、意外と地味なのがディフェンス。

 

確かにディフェンスは相手の攻撃からゴールを守る側で、

得点などの派手なパフォーマンスがあるわけじゃありません。

むしろ相手に抜かれたり、点を取られたりしたら

いろいろと言われる割の合わないポジションのイメージがあります。

 

ですが、サッカーは点の取り合いである以上

どのプレーヤーもディフェンスに参加しないという事はありません。

現代サッカーではFWでさえそうです。

 

キッズ・少年年代の8人制サッカーなどはまさに

全員攻撃・全員守備が求められます。

 

その意味では攻撃の前にまず守備ありき。

相手ボールを奪う作業こそが攻撃の起点になるわでですから

守備をしっかりと練習することは大切ですね。

 

そして、相手の動きに合わせて行動しなければならない守備は

とっても難しいプレーになります。

 

 

相手ドリブラーが右に来るのか、左に来るのか

相手のパスが誰に出るのか。

これらの先を読み、瞬時に対応することが求められます。

 

まずは1対1の守備から勉強して行きましょう。

 

自分のマークする選手にパスが出る瞬間を狙う事,

つまりインターセプトを狙うのが最初の守備です。

→ インターセプト:守備の基本1

ページの先頭へ