ボールの位置によってコントロールのしやすさが違う

 

味方からのパスなどで、ボールを受ける位置によって

コントロールのしやすさが違います。

 

単純にはボールをコントロールする位置には

おおむね以下のような位置があります。

  1. 足元(両足の間)
  2. オープンな位置

1.の足元はわかりますね?

トラップを覚えたてのころはまずは足元で受けて

しっかりボールを止めることができるようになりたいものです。

 

 

では2.のオープンの位置とはどこでしょうか?

具体的には両足の間(身体の幅)よりも

外側にあたる位置の事を言います。

 

 

このオープンな位置は、

身体の向きを変えながら受けることによって

実は一番ボールを扱いやすい位置だと言えます。

 

たとえば足元でボールを受けてしまった場合、

正面以外の味方にパスをしようと思えば

足元のボールを右か左にコントロールしなおすか

自分が少し位置をかえないとパスができません。

 

その点、オープンな位置でボールを受けようとすれば

自然に外側に身体を開くことが可能です。

少し開きながらボールを受ける。

 

これだけのことですが、

次のパスのためにボールをコントロールしなおしたり、

自分の位置をかえることなしに味方へのパスが可能になります。

劇的にプレースピードが速くなりますね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ