勝利至上主義ではキッズは育たない

 

イタリアで、試合に「27-0」というスコアで勝利を収めた監督が「相手への敬意を欠いた」として解任される結果となりました。

伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが報じています。

 

 


サッカーを愛するすべての子供たちは、自分がボールをコントロールし、パスし、ドリブルし、ゴールすることを求めています。

あるいは相手のボールを奪い、セーブし、ゴールを守ることを求めています。

 

ボールを扱うすべての行動を楽しんでいます。

 

 

勝てばうれしいし、負ければ悔しい。

なかには負けてもくやしくないキッズもいますが(笑)

 

とにかくプレーすることが楽しいと思えることが、キッズ年齢では非常に大切なことだと思います。

 

 

この事件はユース世代(U-18)で起こったことではあります。

もう、楽しいだけでサッカーをやる世代ではありません。

 

だけれども、育成年代ですから、

勝負うんぬんよりも相手へのリスペクトを欠くような振る舞いを教えないほうがいいんじゃないかと思います。

 

選手が自分たちのことだけを優先し、相手にリスペクトを欠いたプレーをすれば止める。

相手がいるからこそ自分たちのサッカーができる、ゲームが終われば相手に感謝する、そういったスポーツマンシップを教育するのが指導者であってほしい。

 

この事件はそういった意味での解任劇であったのでしょう。

 

 

 

夏休みにハワイでサッカーできる!

 

夏休みはサッカーもしたいけど旅行も行きたい!

 

そんな子供たちやおとうさん、おかあさんなら

こういうキャンプもありますがいかが?

 

ハワイ大学女子サッカーチームでは

 5歳から14歳までの男女を対象としたユースキャンプを

実施します。

 

 

>> 続きを読む

カテゴリ:ニュース  [コメント:0]

カテゴリー
タグ
最近の投稿
リンク集
メタ情報

ページの先頭へ