サッカーが好きであること覚悟を持つこと

中村憲剛 サッカー脳を育む

 

 

川崎フロンターレ中村憲剛選手が、著書「サッカー脳を育む」の冒頭でこういうことを言って言います。

 

サッカーがうまくなるためにまず心がけて欲しいこと。

それはサッカーが好きな気持ちを持ち続けるということなんだ。

 

中村憲剛選手はサッカーが好きだという気持ちを根っこに強く持ち続けているのだそう。

 

これはサッカーだけではなく、あらゆる世界で上達のための根本エネルギーだと思います。

嫌いなもの、好きではないものにエネルギーを注ぎ込むことはものすごく大変なこと。

反対に好きなことであれば、時間を忘れ、時間を忘れて没頭するなんてことは誰だって経験があるはず。

 

だから、サッカーをするキッズはサッカーが好きだという気持ちを持ち続けてほしいし、保護者のみなさんは自分の子がレギュラーだとか控えだとかにこだわる前に、まずはサッカーが好きでいられることを最優先に考えてあげてほしいと思います。

 

中村憲剛 サッカー脳を育む

 

中村憲剛選手は次にこういう事も言っています。

 

好きな気持ちを持ち続けると同時に、もうひとつ大事なことがある。

それは、サッカーがうまくなるためには「覚悟」が必要だということだ。

 

 

今は、本屋に行けばサッカーが上手くなるための本がたくさんあります。

DVD付きのテキストもあります。

Youtubeでサッカー動画も見れます。

衛星やネットで海外リーグの一流のプレーも見ることができます。

 

 

でもこれらの本や動画を見るだけじゃうまくはなりません。

やっぱり実践あるのみ。

 

本に書いてあること、動画で手に入れたテクニックなどを何度も練習することで初めて身につきます。

同じチームにいるうまい選手だって、チームの練習だけでうまくなった選手は少ないはず。

 

練習ではないほかの時間を使ってボールに触り、ドリブルの練習をしたり、キックの練習をしたりしているものです。

プロになるような選手は例外なくすごい量の練習をしてきています。

最初からうまかった選手なんていません。

 

それだけの練習ができるのは、サッカーが好きで、うまくなるんだという覚悟を持っていたからです。

 

 

サッカーを仕事にするような人は人一倍サッカーが好きで自然に努力ができる人。

これに異論のある人はいませんね?

 

 

うまくなりたいサッカーキッズ、こどものプレーを応援している保護者の方。

まずはサッカーが好きでいられること、楽しくボールと遊べること、上達が楽しいと思えるような環境づくりを考えてみましょう。

 

 

24年ぶり!静岡学園が青森山田を破って優勝<第98回全国高校サッカー選手権決勝>

静岡学園優勝ゴールシーン

 

 

まさに激闘でしたね!

 

2020年1月13日、埼玉スタジアムで行われた第98回全国高校サッカー選手権決勝は、5年ぶり12回目出場の静岡学園が大会2連覇をねらう青森山田に3-2で勝利。

1995年度74大会以来24年ぶり2回目の優勝です。

前回は天候の関係もあり2校同時優勝でしたから、今回は完全優勝となり、喜びもひとしおでしょう。

 

 

静岡学園優勝ゴールシーン

 

前半に青森山田が2点をリード時はゲームが決まったかもと思いましたが、前半45分のDF中谷颯辰(3年)のゴールで後半に。

後半16分には、FW加納大(3年)が同点弾。そして、同40分にFKから中谷がヘッドで逆転弾を決めて、激戦を制しました。

 

 

静岡県勢として実に24年ぶりの優勝。

 

12日には同じく静岡県の藤枝順心が全日本高校女子サッカー選手権を制し、静岡のアベック優勝となりました。

 

 

埼玉スタジアム2002の入場者は5万人超え。

多くのファンの中には、いずれは自分たちもあのピッチに立ちたいと願う中学生や小学生が多く観戦に訪れていました。

 

どんどん新しいスターが生まれてくるといいですね♪

 

 

【準決勝】

【準々決勝】

 

【3回戦】

【2回戦】

【1回戦】

 

 

スライド クーバーコーチング ボールマスタリーその2

ロナウジーニョのエラシコ

 

サッカーが上手くなるキッズのためのトレーニングとしておススメしている、クーバーコーチングのボールマスタリーシリーズその2。

 

スライドという練習です。

 

これは左右の足の内側でボールを転がして、自分の体の幅の中でボールをキープする技術を高めるための基本となります。

 

 

これができるようになると、足首でボールをクイックに操作するエラシコへの第一歩になります。

 

ブラジルの名プレーヤー、ロナウジーニョが得意としたプレーです。

 

ロナウジーニョのエラシコ

[写真]=超ワールドサッカー

 

これがエラシコ。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

最初はボールを見ながらでも構いません。

慣れてきたら、ボールを見ずに顔を前に向けたままできるように頑張ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

トータップ クーバーコーチング ボールマスタリーその1

 

サッカーが上手くなるキッズのためのトレーニングとしておススメしているのが、クーバーコーチングのボールマスタリーシリーズ。

 

地味な練習ばかりなんですが、これを遊び感覚で毎日すこしずつ実践することで、ボール扱いが上手くなります。

 

その第1弾がこれ。

 

トータップ

 

 

両足の内側でボールをトントン触るだけなんですが、これって結構応用範囲が広いんです。

 

このトータップが上手にできるようになると、2020年正月の天皇杯で引退した元スペイン代表ビジャが得意とした ダブルタッチ ができるようになります。

 

ビジャのダブルタッチ

 

 

⇒ ビジャの華麗なダブルタッチシュート

 

 

さすがにビジャのプレーは惚れ惚れするほど華麗ですが、ここまでとは言わなくてもダブルタッチはシンプルだけど効果抜群なテクニックですから、これから上手くなろうとするキッズはトータップをきちんと練習しましょう。

 

 

 

勝利至上主義ではキッズは育たない

 

イタリアで、試合に「27-0」というスコアで勝利を収めた監督が「相手への敬意を欠いた」として解任される結果となりました。

伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが報じています。

 

 


サッカーを愛するすべての子供たちは、自分がボールをコントロールし、パスし、ドリブルし、ゴールすることを求めています。

あるいは相手のボールを奪い、セーブし、ゴールを守ることを求めています。

 

ボールを扱うすべての行動を楽しんでいます。

 

 

勝てばうれしいし、負ければ悔しい。

なかには負けてもくやしくないキッズもいますが(笑)

 

とにかくプレーすることが楽しいと思えることが、キッズ年齢では非常に大切なことだと思います。

 

 

この事件はユース世代(U-18)で起こったことではあります。

もう、楽しいだけでサッカーをやる世代ではありません。

 

だけれども、育成年代ですから、

勝負うんぬんよりも相手へのリスペクトを欠くような振る舞いを教えないほうがいいんじゃないかと思います。

 

選手が自分たちのことだけを優先し、相手にリスペクトを欠いたプレーをすれば止める。

相手がいるからこそ自分たちのサッカーができる、ゲームが終われば相手に感謝する、そういったスポーツマンシップを教育するのが指導者であってほしい。

 

この事件はそういった意味での解任劇であったのでしょう。

 

 

 

1 2 3 8
カテゴリー
タグ
最近の投稿
リンク集
メタ情報

ページの先頭へ