基礎からのリフティング

 

サッカーが上手くなりたいならば まずはリフティングを練習しましょう。

ボールを落とさずにたくさん蹴るリフティング

繊細なボールタッチを身につけるのには最適な練習です。

 

サッカーっていうのは結局、

手や腕以外の部分でどれだけ自由にボールを扱う事ができるか

っていうのが大事ですからね。

 

 

 

パスにせよ、シュートやフリーキックにせよ、

思ったコースに思った強さで蹴るということができる

ことが大切です。

 

 

私たちがお箸を自由に使ってご飯を食べることができるのは

最初からではありません。

 

最初は誰だってお箸の持ち方さえあぶなっかしかったはず。

 

 

 

 

それが、毎日お箸を使ってご飯を食べているうちに

いつの間にやら無意識のうちに

上手にお箸を使って食べられるようになった。

 

同様に、毎日ボールを触ってリフティングを練習することで

自由自在にボールを扱う事ができるようになります。

 

 

毎回同じ場所に同じ高さのボールを蹴る。

 

足のいろんな部分でボールを蹴る。

 

最終的には腕以外(腕に当たるとハンドの反則です:笑)

の あらゆる部分を使ってリフティングをする。

 

リフティングにはサッカーのエッセンスがたくさん詰まっています。

だからしっかりリフティングを練習しましょう。

 

とはいえ、最初から何回もリフティングなんてできませんよね?

まずは1回からです。

 

 

最初から何回も蹴ろうとしてアタフタする人が多いんですが、

本当にリフティングが上手くなろうと思ったら、まずは1回。

そして2回。 少しずつ増やしていくのがコツです。

 

 

回りくどいと思うかもしれませんが、急がば回れです。

結局これの方が早く上手になります。

 

あまり硬いボールだと足との接触面積が狭いので難しいです。

 

これからリフティングを始めようという人は

最初は少し空気を抜いた柔らかめのボールを使ってみましょう。

 

 

その方が蹴りやすいので回数が稼げます。

そういった基礎からのリフティングがよくわかる動画がこちら。

 

→ リフティングを基礎から練習したい人へ

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ