ドリブルの基礎

 

サッカーの醍醐味はドリブルです。

 

ドリブルは相手にボールを奪われないようにゴールに近づくテクニック。

どんどん変化していくゲームの状況に合わせて、時にはフェイントなどを駆使しながら

 

・ゴールに迫る

・ボールをキープして味方を生かす。

・勝負を仕掛ける

 

のがドリブルです。

 

ゲームを観戦していてもドリブルで相手陣内に切れこんだり

相手ディフェンスを翻弄して突破するシーンはワクワクします。

 

 

実はドリブルには大きく分けて2種類あります。

 

1つは運ぶドリブル

もう1つは突破するドリブルです。

 

 

突破するドリブルは相手とのかけひきであったり、

フェイントやスピードの緩急が必要になりますから

まずは運ぶドリブルから覚えるのがいいようです。

 

つまり、自分のペースでいいので

ボールを自分の行きたい方向にコントロールする。

 

決して蹴るというイメージではありません。

転がしながら運ぶ」というイメージでやってみましょう。

 

ドリブルは足のアウトサイドを利用することが多いですが、

インサイドやインステップなど、色々な部分を使えると

方向転換も楽にできます。

 

最初はインステップ(足の甲)を使いながら

まっすぐにドリブルする練習から始めるといいでしょう。

 

 

これも最初は難しいんですが、

やっているうちにだんだん上手になります。

→ ドリブルの基礎

 

 

 

 

ポイントはボールを「蹴って走る」のじゃなく、ボールを「運ぶ」こと。

常に自分の体の中心(足元)にボールをキープして、相手にとられないようにしながらパスやシュートに移ることを心がけることが必要です。

 

ドリブルはうまく使えばビッグチャンスを引き寄せることができますが、使い場所を間違えると大きなピンチにもつながります。

 

大切なのはできるだけ「顔をあげた状態」でドリブルすること。

周りが見えている状態でドリブルできることです。

 

難しいですけどね (笑)

 

最初は相手のいない状態で、顔をあげたまま足元のボールをコントロールすることから始めてみましょう。

 

 

 

 



comment closed

カテゴリー
タグ
最近の投稿
リンク集
メタ情報

ページの先頭へ