サッカーでも手を使うのはアリ???

 

サッカーは、フィールドプレーヤーは
ボールを手を扱ってはいけないスポーツですが、

 

ドリブルで相手を抜くときや
ボールをキープしたい時に
上手に手を使うことはありです。

 

 

 

特にかわした後の寄せをはねのけたり、
後方から追走してくる敵を
やり過ごしたりする時に重宝します。

 

 

 

 

手押しを使えないと、
簡単な相手の寄せでボールを失ってしまいます。

 

日本人はフェアプレーを重んじるあまり
フィジカルコンタクトを避ける傾向があります。

 

 

キッズのサッカーですから
フェアプレーはとても大切なことですが、

 

スポーツである以上、ある程度はガツガツいく
という場面を避けることはできません。
自分がクリーンにプレーしようと心掛けても
相手プレーヤーがガツガツくることもあるでしょう。

 

そんな場面で
手押しをテクニックとして身につけることで、
フィジカルコンタクトで自信をつけることができます。
背の小さい選手でも
手押しを使ってバランスを保ちながら、

 

相手に跳ね飛ばされるたとしても
飛ばされた方向にボールをコントロールすることで、

 

逆に相手がぶつかってきた反発力を利用して
加速力を身につけることができます。
手押しを使えるようになると
キープ力が段違いに変わります。

 
でもね、手押しばかりに頼ってはダメですよ。
頼りすぎると危険です。

 

 

サッカー本来の楽しさは
ボールコントロールです。

 

それを忘れてしまっては
サッカーじゃなくて格闘技になっちゃいます。

 

 

 

comment closed

カテゴリー
最近の投稿
キッズ応援グッズ
メタ情報

ページの先頭へ